そういえば、ふと思ったのですが、メディアを運営したりブログを書いたりしている方、「PubSubHubbub」って使ってますか?

「パブサブハブバブ」と読みます!
もう、何でしょうね、早口言葉でしかないですよ(笑)

SEO的には有名な話なのですが、そういえば周りの人でこの単語を発している人がいないなと思い、簡単位共有しようかと思いますー


驚異の高速インデックスを実現する「PubSubHubbub」とは?


「PubSubHubbub」はgoogleが使っているRSS(簡単に言うと、記事が更新されたら自動的にその記事を取得する仕組み)です。
通常、googleが自動的に世界中のWebサイトを徘徊しているロボット(クローラー)が定期的にサイトを訪れ、新しいページがあればそれを記録していく(これをインデックスするという)仕組みを取っています。

記事を公開した直後って、思い当たるキーワードで検索してもその記事はヒットしませんよね?これはgoogleがまだその記事をインデックスしていないからなんです。

そして、このロボットが自分のサイトに訪れるタイミングってわからなくて、昔は2週間に一回とかって言われており(最近はもっと早い)、googleが来てくれるのを待たなければいけない、というのが一般的でした。

そこで「PubSubHubbub」の登場です。これを利用することで、ロボットが回ってくるのを待つことなく、Googleに「記事が更新したよ!」とお知らせできるため、記事公開後、ほんの数時間でgoogleにインデックスされ、検索結果にも反映させることができちゃうんです。


即日1ページ目に表示されることも


どうして、そこまでインデックスを速める必要があるのか。それは主に、情報の鮮度が重要な記事などを早く検索結果に表示させたい時に必要だからです。
例えば、時事ネタを書いてたくさん検索されているうちに、検索結果に表示させたいとか、オープン直前の施設のレポートを書いて、オープンまでに検索結果に表示させたいととか。


実際、僕が「PubSubHubbub」を利用していて、効果があったな〜と感じた事例をご紹介しますね。


秩父駅前に「祭の湯」という温浴施設が4/24にオープン。実はその前にプレス向けのお披露目会があったのですが、そこで取材した記事を翌日にアップした結果、その日中に「祭の湯」で検索して1ページ目に表示されるようになりました。

17990686_1282306225217968_2814526893491858429_n 2
▲即日1ページ目に表示、3日後には3位まで上昇

そこからオープンに向けて検索数がグイグイ伸び、オープン2週間でこの記事からの流入が10,000PVを超えました。実はお披露目会の翌日以降、何本かレポートは上がっていたのですが、インデックスが遅いもしくは内容が薄い、ということで、レポートの中では僕の記事が一番上に表示されるようになったわけですね。

これはひとえに、「タイムリー」な話題に見事当てられた施策であり、即日googleにインデックスされたことが勝利のポイントだったかと。


「PubSubHubbub」の導入方法


詳しくは以下のサイトをご覧ください〜
wordpressを使っているなら、専用のプラグインがあるので、ソッコーで実装できますのでお試しあれ!



SEOはこういった細かいテクニックの積み重ねをすることで、徐々に成果が出るものです。当然、コンテンツの中身は重要ですけどね!

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

■SNSアカウントのお知らせ
※それぞれ友達申請、フォロー自由です!

【facebook】
http://www.facebook.com/azami.yutaka

【twitter】
http://twitter.com/azamixx821


■あざみっくすが編集長をつとめる、秩父のローカルWebメディア「ちちぶる」はこちら

http://chichiburu.com/